2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

« 仮面ライダービルド 第11話 「燃えろドラゴン」 | トップページ | キラキラ☆プリキュアアラモード 第41話 「夢はキラ☆ピカ無限大!」 »

2017年11月25日 (土)

キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!

   
日付変わってしまいましたがこんばんは。      
今日は先週プリキュアの映画見てきたので、セラムンお休みして映画の感想ですっ!      
少し前の放送でソレーヌさんに誘われた料理大会にシエル達が出場するという話ですな。      
とはいえ大会自体はおまけな感じで、実際は大会前日の話でしたが。      
vlcsnap-00072    
これまでのシリアス路線とは一風違って、いい感じにゆるーくなってましたね。      
戦闘もいちいち面白要素が入っていてニヤニヤがとまらんかった。      
ホイップ達がカメとかにされてガメッツさんばりに動けなくなってたり、カスタードがやたらのろくなってたり、アキラさんのザリガニになっても必殺技使ってて熱かったし、ユカリさんがパンダにされても全然変わってなくて笑いました。      
あとなまけものになったジェラートのアンニュイな目つきがかわいかった。 vlcsnap-00344   
魔法つかいの方々がでると知ったときは、先輩にいいところもってかれちゃうんじゃないかとちょっと心配でしたが、その辺は大丈夫でしたな。      
なんか水晶さんから邪悪な気配的なものを感じてやって来たみたいだけど、それかクックだったんでしょうかね。      
クックがでてきた本も魔道書を連想させるし、魔法界がらみごたごたでクックがよみがえったとか考えると想像も広がります。      
それにしてもマホプリ変身バンクの出だしは、やっぱりテンション上がりますな。      
ででででででーでー♪って音楽が鳴った瞬間、ゾクッと鳥肌たってしまった。     
vlcsnap-00022    
終盤の終盤の戦い方も凝っていて、スイーツに帰られた建物とかを材料にして巨大なスイーツを作っていくって展開も見事でしたね。      
いかにも映画らしい豪快な展開で、あのへんもよかったな。      
ああいう戦い方こそが、格闘戦封印したキラプリの理想的な戦い方なんじゃないかとと思う。      
それに、かつてシエルが見た師匠のスイーツを作る姿が、最終戦で役にたつって展開も熱かったですな。      
ああいう日常が戦闘のヒントになるってのはほんといい。      
最後、エッフェル塔が倒れたまんまだったときには笑った。      
vlcsnap-00140       
確認できないのでよくわからないけど、優勝したのは↑のおっさんでいいのかな?      
シエルは準優勝でしたが、パリの経済を動かすほどのパティシエに勝つとは、上には上がいるのう。      
vlcsnap-00514    
優勝した人、このシエル以上の超絶技巧してて笑った。      
こんなの出来るのシエルだけかと思っていたけど、フランスは想像以上に奥深かった。      
vlcsnap-00010    
それでジャンピエールですが、想像してたキャラはとは全然違ったな。      
クールなキャラかと思ったら、ただの変人じゃないですかっ!      
しかもパティシエとして成功してる人かと思ったら、未だに家賃の請求に怯える貧乏人だったという(笑)      
リアクションの一つ一つがやたらハイテンションで、面白い人だったな。      
vlcsnap-00018    
敵に利用されても喜んでたし、自分をもってる人は強い。      
vlcsnap-00117 
ジャンピエールは一人でひたすらスイーツ作りの腕を研鑽し続けるというストイックな人で、シエルにも仲間とつるむようになったから腕が落ちたんだと断じて、再び一人になるように警告。      
しかしシエルは、かつて自分のことしか考えていなかったためにピカリオを闇落ちさせてしまった経験から、言うとおりにすることはできないというなかなかのジレンマ。      
序盤でいきなりこんな難題突きつけられてたので重い話になるのかなと思ったけど、それほどシエルは悩まず、むしろ仲間の大切さをジャンピエールに伝えようとしていた。      
シエルも結構芯が強いですね。      
師匠から忠告されてもそれは違うと断じて、仲間といることを選ぶというのも一つの強さですし、これも師匠の教えの賜なんじゃないかなと思う。      
vlcsnap-00060 
しかしクックかわいかったな。      
あの人妖精ではなく、ユルセンばりに幽霊だったんですね。      
しかしユルセンとは比べものにならんほどの活躍っぷりというかラスボス(笑)      
自分のスイーツが認められないまま命を落として、その復讐のために地獄から蘇った帰ったという、なんだかかつてないような重い過去の持ち主だった。      
生前「まーずーい、まーずーい」とか、すごい合唱されてたみたいたし、一体どんな過去だったんだ。      
普通こんな重い過去持っていたらプリキュアが救済しそうなもんだけど、今回は救済どころか、逆にユカリさんに傷口をえぐられるという(笑)      
重い過去を感じさせないような明るく愉快な敵キャラに徹していて、ほんとたのしかったな。      
「なにがはじまるの?」とかコマンドーみたいなことも言ってたのもテンション上がったし。さすが元グリーンベレーです。      
      
しかしソレーヌさんまったく出てこなかったですな。      
大会に誘うだけ誘って出迎えもしないって…(笑)      
やっぱりソレーヌさんは映画が出来上がった後に作られたキャラだったのかな。      
あとビブリーがまったく出てこなかったのもちょっと残念でしたが。      
映画の脚本書いてる段階ではたぶんビブリー本編に登場すらしてなかっただろうから、仲間になった後のビブリーを描写しろって言ってもやっぱり無理か。      
      
そんなわけで楽しかった。      
こういうゆるい展開も楽しくていいですな。      

« 仮面ライダービルド 第11話 「燃えろドラゴン」 | トップページ | キラキラ☆プリキュアアラモード 第41話 「夢はキラ☆ピカ無限大!」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

キラキラ☆プリキュアアラモード」カテゴリの記事

コメント

私も映画見ましたよ!最高でした!クックの「まずい」アンコールは可哀想で、もっと掘り下げてくれればハートキャッチの映画みたいになったのかなぁとか思ったり。
ジャン=ピエールは男として憧れますね。あそこまでがむしゃらに自分の道を突き進むというのは中々真似できませんよね。
ザリガニショコラやペンギンカスタード、ナマケモノジェラートが印象に残っています。
カメホイップの「起こしてくれ~(ジタバタ)!」が耳に残っています(笑)

映画見ましたか!すごい面白かったですね。
クックの「まずい」コールはなんかすごかったですね。何があったんでしょうね。
すごく暗い過去がありそうですが、コメディ路線だからあんまり掘り下げなかったんでしょうね。
ジャンピエールのあのストイックさはかっこよかったですねえ。
どんなことにも動じないのに、家賃の請求にだけはびびってるのも笑いました。
あの動物に変身させられての戦闘も面白かったですね。
ショコラ、ザリガニでもかっこよかったですし(笑)
ユカリさんだけはまったく動じてなかったのも、素敵でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 仮面ライダービルド 第11話 「燃えろドラゴン」 | トップページ | キラキラ☆プリキュアアラモード 第41話 「夢はキラ☆ピカ無限大!」 »