2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #22「人生に恋はつきもの」 | トップページ | 美少女戦士セーラームーンSS 第33話 「大人になる夢! アマゾネスの当惑」 »

2018年7月12日 (木)

仮面ライダービルド 第43話 「もう1人のビルド」

こんばんは。   
今日は、仮面ライダービルドの感想ですっ! 
今週は、例によってセントが凹む話。    
セントは父親を助けるためにリュウガを怪我させてしまったことで、カズミにキレられるはゲントクさんも行っちゃうわ、みーたんまで改造手術受けるわと、一時期はチーム崩壊の危機にまで陥っていた。 
なんだかんだでセントが立ち直ってリュウガも復活しましたが、結局みーたんは人間やめてしまったな。    
これで登場人物が全員、改造人間か宇宙人になってしまった。    
   
ライダーベルトが正義のために作られたモノではないと知って、セントはすっかり落ち込んでしまいましたが。    
リュウガに、戦う目的を諭されたことで復活する展開は熱かった。    
お互い道に迷いながらも、二人で軌道修正しながら前に進んでいく感じは、ほんと理想的なバディものっといった感じでいいですねえ。      
それにしても忍さん、渋いし強いし、えらいキャラ立っていて素敵ですが。    
負けてエボルの所にもどってきたときのリアクション見てると、やっぱり正義の心はありそうな雰囲気ですな。    
エボルも疑わしい目で見てましたし、なんかそろそろエボルに殺されてしまいそう・・・。    
   
そんなビルド。 
Capture20180710-080830-1    
リュ「ついに親父さんと会ったのか・・・。親父さん、お前になんて声かけるんだろうな。そりゃ、「ひさしぶり・・・」とか「元気だったか・・・」とか」 
   
今週のオモシロあらすじは、リュウガとセント。    
マンガ調になってる忍さん達。    
Capture20180710-080832    
リュ「いやいやいや! お前の顔、佐藤太郎だからね? ツナ義ーズも知らないのに久しぶりも何もねえだろ!」    
セ「うるさいよ! そこは、うまいこと演出してくれるでしょうよ。俺も気になるから早く第43話、見よう」    
   
完全に視聴者(笑)    
Capture20180710-081102-1    
セ「父さん・・・。本当に父さんなのか・・・?    
忍「顔が変わっても、その癖は変わらないな。昔から、興奮したり動揺した時は必ず、そうやって髪をかき乱す」    
   
うまいこと演出してくれてる。    
Capture20180710-081214    
セ「エボルト・・・、どういうことだ? ライダーシステムはエボルトを倒すために考えたんじゃなかったのか!? 父さん!    
エ「お前や万丈が仮面ライダーになったのは全部、葛城先生のシナリオだ」    
忍「全ては私の計画どおりだ。あとは、ロストボトルさえそろえば目的は達成する」    
   
黒幕は忍さんだった。       
後ろでスパイダーマンみたいなポーズ取ってる内海さんがかっこいい。    
Capture20180710-081522    
エ「果報は寝て待つとしよう」    
   
日本のことわざに堪能な宇宙人は、スパイダーマンを連れて先に帰る。    
Capture20180710-081745    
カ「いくらセントの親父だからってな、容赦しねえぞ!」    
   
居残った忍さんはライダーに変身して戦闘開始。    
コミックのヤツで分身して3人を圧倒。    
パトレンの赤よりたくさん分身してる。    
Capture20180710-081933-1    
カ「危ねえ・・・初期型のビルドなのに、なんでだ? 」   
   
あやうく死ぬとこだったカズミ。    
忘れてたけど、カズミって改造されてやられると死んじゃうんだったな。    
Capture20180710-082720    
忍「元々、ビルドドライバーは、私が使うために設計されたもの。私がベスト・オブ・ベストのビルドだ」    
   
ベルトがうまくフィットしてるから、忍さんは圧倒的に強い様子。    
そんな理由でこれまでのパワーアップを越えてしまうってのもすごいですが。    
これまでみんな、ベルトの力をまったく引き出せずに戦ってたってことなのか。    
Capture20180710-082750-3    
ゲ「つよい・・・」    
   
続いてゲントクさんもやられてしまう。    
Capture20180710-083054-3    
エ「うわぁぁぁぁ」    
   
しかしリュウガだけはいつもの火星が滅ぶイメージを見て、アイアンマンに。    
さっきスパイダーマンもいたし、もはやアベンジャーズ。    
Capture20180710-083128   
リュ「力が制御できねえ・・・なんでだよ!? 」    
   
マウント取ってボコるリュウガ。    
マグマとホークガトリングって色合いがめちゃくちゃかぶってるな。    
戦ってるときどっちがどっちだかよくわからんかった。    
Capture20180710-083311-2    
忍「エボルトのせいだ」    
リュ「何!?」    
忍「エボルトはブラックホールを作るために、自身の力を最大限まで使った。その影響で君の遺伝子が活性化したんだ。恐らく、今の君はスクラッシュドライバーを装着した時とは比にならないほど戦いに飢えてるはずだ」    
   
リュウガが長らく苦しんでた謎を、忍さんあっさり種明かししてくれた。    
なにか隠された記憶があるとかじゃなかったんだな。    
Capture20180710-084025    
セ 「万丈、もういい・・・やめろ・・・、やめてくれ」   
リュ「うるせえ! 俺はこいつを、ぶっ倒す!」   
   
セントがやめてと頼むけど、容赦なくトドメを刺そうとするリュウガ。    
Capture20180710-084615-4    
聞き分けないので、ジーニアスになって全力で止める。    
Capture20180710-084757-2    
カ「リュウガ!」    
忍「今日はデータの採取だけで十分だ。また会おう」   
   
リュウガ大ダメージ。    
忍さんはそのまま退却。    
Capture20180710-084855-3    
み「前は、ベルナージュの力で万丈を治せたのに・・・」    
   
瀕死のリュウガ。すごいダメージ食らってた。    
ここまでやらないと止められなかったのか。    
Capture20180710-085117    
カ「おい・・・、お前、何考えてんだよ。なんで親父をかばった! 相手は敵なんだぞ!? 」    
セ「父さんは敵じゃない・・・」   
   
青羽根殺した時を彷彿させる、放心状態のセント。    
アスパワワがまたぬけていく・・・。    
Capture20180710-085156-4    
カ「その目で見ただろ。お前の親父はな、エボルトの仲間なんだよ。この国を乗っ取った裏切り者なんだよ!――今のお前には、背中を預けられねえ」    
   
めちゃくちゃキレるカズミ。 
うーむ、まがりなりにも親だしなぁ。正論で追い詰めてもいい事なんてないよなぁ。    
もうちょっと配慮してもいいような気もするけど。    
Capture20180710-142713-2    
ゲ「今のお前は、ただ父親を信じたいだけにしか見えないぞ。悪いが、俺も一緒に戦えない」    
   
ゲントクさんにも見限られてしまうセント。    
今日のゲントクさんシリアス。    
Capture20180710-142910    
さ「ねえ、ちょっと・・・」      
サ「さらば! ぐらい自分で言いなさいよ!」    
   
全然シリアスじゃなかった(笑)    
Capture20180710-143027    
忍「君と同じ能力を持つ万丈がこれ以上、暴走を続ければ厄介な存在になる」    
エ「先生のことだから、何かアイデアがあるんでしょ?」    
   
スタークさん時代から狡猾に策を練っていたエボルが、ここに来て忍さんに頼り切ってますな。    
もしかしてこれまでの策も全部忍さん発案だったりするんだろうか。    
ファウスト時代も、ゲントクさんはスタークさんに頼り切ってたけど、そのスタークさんも影で忍さんに頼り切ってたって構図だったりして。    
Capture20180710-143032    
サ「これで、カズミンは 戻ってきてくれるはず」      
Capture20180710-143605    
サ「ジャジャーン! 」    
み「何それ、いつの間に作ったの!?」    
   
いつの間にか、みーたんの抱き枕を作っていたサワさん。    
サワさんは有能だな。    
Capture20180710-144100-2    
み「やめてよ・・・」      
   
まんざらでもなさそうなみーたん。    
Capture20180710-144404    
セ「なにも出てこない」    
   
セントはなんか前向きなデータでもないか探すけど、なにもでない。    
なんだかんだでセントもUSBメモリから出てくるデータににたよりきりだったし、敵も味方も何から何まで忍さんの手の内という感じですな。    
Capture20180710-144555-2    
ガシャーン!と貴重なパソコンを吹っ飛ばすセント。    
Capture20180710-145126    
悩む。    
Capture20180710-145557    
巧「エボルトの言うとおり、僕たちは、利用されたんだよ。パンドラボックスの 光を浴びた父さんがエボルトと手を組むのは、自然の流れだ」    
セ「それを言うなら、仮面ライダーになった時点で正気を取り戻してたはずだ。それとも何か? ライダーシステムを創った俺たちみたいに、後戻りできなくなったっていうのか!? 」   
巧「わかってるじゃないか。そのとおりだよ」    
   
やっぱり忍さんは、ライダーになって正気を戻した後は、システムを作った落とし前を付けるために、悪役になってでもどうにかしようって感じなのかな。    
Capture20180710-150022    
セ「俺は、父さんをかばうべきじゃなかった・・・」   
み「自分を責めないで。私がセントでも、 きっと同じ行動を取ったと思う」    
セ「サンキュー。でも、もういいんだ。父さんは・・・敵なんだ」    
   
はげますみーたん。    
しかしセントはすっかり諦めてしまう。    
Capture20180710-150226    
セ「なんのために戦ってきたんだよ・・・」    
み「ラブ&ピースのためでしょ。今までだって、つらい思いはたくさんしてきた。それでも、桐生セントはどんな困難にも打ち勝ってきたじゃん。愛と平和を胸に生きていける世界創るために、戦ってきたじゃん。だから、今度だって・・・」 
セ「今までとは違う」 
   
みーたんの熱い励ましも今回は通用しない。    
重症にもほどがある。    
Capture20180710-150540    
セ「俺が戦えたのは、ライダーシステムが正義のためにあると信じてたからだ。それを否定された今、俺は・・・」    
   
ライダーシステムが悪の道具だと知って、打ちひしがれるセント。    
まあ初期のライダーなんて、元々は世界征服のために生み出された悪の怪人だったりするしな。    
そういったライダーの業の深い部分を、この作品はしっかり受け継いでますね。    
Capture20180710-152201-4    
ゲ「これから、どうするつもりだ」    
カ「エボルトの野望を阻止する。そうすれば、セントの親父も目を覚ますかもしれねえ」    
   
セントの前ではオヤジを殺せと言わんばかりだったカズミも、意外とセントのことを思いやっていた。    
さっきはリュウガが怪我してちょっと熱くなってたんだろう。    
Capture20180710-152204-2    
カ「いつ仕込んだんだよ」    
   
ゲントクさんギャグがないと死ぬのか?(笑)    
いちいち若本さんの「オーラァ!」が響くのが笑う。    
Capture20180710-152748-4    
み「本当に、私が、セントのこと救ってあげられるの?    
エ「ああ。俺の言うとおりにすれば・・・な」    
   
その頃みーたんは、エボルと密会。    
Capture20180710-153512-1    
セ「俺が間違ってた・・・すまない・・・」    
   
まだ目を覚まさないリュウガ。    
どんだけ本気で蹴っ飛ばしたんだ。    
ともかくそうこうしているうちに、サワさんからみーたんが帰ってこないとの報告が・・・。    
Capture20180710-154145-1    
その頃みーたんは改造手術を受けていた。    
ついに仮面ライダーみーたんの誕生か・・・!    
というか、これをするとどうしてセントが助かると思うのか。みーたん純情すぎないか。    
Capture20180710-154351-2    
エ「美空が、ロストスマッシュの実験に耐えられるのか?」    
忍「ベルナージュの力に高濃度ネビュラガスを適応させれば、弱まっていた力を最大限まで    
引き上げることができる」    
エ「けど、すでに魂が消滅してる可能性もあるぞ」    
忍「その時は石動美空の命が消えるだけだ」    
エ「相変わらず、クールだねえ」    
忍「全ては、新世界を創るためだ」    
   
みーたんの悲鳴が響く中、クールな忍さん。    
Capture20180710-155301-4    
それでセントが「たすけて!」ってみーたんから連絡が来た場所に行くと、よれよれのみーたんが。    
Capture20180710-155444-1    
ベ「私の・・・、私の星を返せ! 返せ・・・!」    
   
久しぶりにベルナーシュさん登場。    
しかし正気を失っていて、ボトルでいきなり変身。    
Capture20180710-155449-2    
仮面ライダーみーたん・・・じゃなかった。    
CDロストスマッシュというらしいですが、使い回しじゃなくて新規っぽいですね。    
まさかここに至って新しいスマッシュがでてくるとは・・・。    
新規スーツの敵キャラって、ライダー抜かすとヘルブロス・・・は映画の使い回しだし、三羽ガラス以来かな。 
いままで頑なに敵キャラに予算割くのケチってたのに、いったいどうしたんだ。    
もしかして節約しすぎて予算余った・・・?(オイ    
Capture20180710-160412-4    
正気を失ったみーたんスマッシュは、大量のCDで猛攻撃。    
どちらかというとLDくらいの大きさありそうだが。    
Capture20180710-160413-2    
強い。さすが新規!   
久しぶりに強いスマッシュ見た気がする。    
Capture20180710-160610-2    
忍「ロストスマッシュを倒せば、石動美空は死ぬぞ。ベルナージュの力が邪魔してジーニアスフォームでも助けることはできない」    
セ「なんだと!?」    
   
ジーニアスに変身しようとするものの、忍さんに脅される。    
これでは攻撃できないセント。    
Capture20180710-161117    
忍「情にほだされて私たちを攻撃できないか!」    
セ「どうして、こんなことを・・・!」    
忍「ロストボトルを精製して黒いパンドラパネルを完成させる。そうすれば、物理法則を超えた新世界の扉が開く!」    
   
新世界の扉って、アガルタにでもいくのか。    
Capture20180710-161601    
セ「なんだよ・・・、新世界って・・・それが、俺や母さんを騙してまで手に入れたかったものなのか?」    
忍「そうだ。お前は、そのために創られたヒーローにすぎない。今のお前じゃ、エボルトには勝てない!」    
   
忍さん言い切るなぁ。    
なに考えてるのかは分からんけど、まったく迷いがない感じがかっこいい。    
Capture20180710-161754    
リュ「何、泣いてんだよ。みっともねえな」    
   
そこに援軍が。    
Capture20180710-161830    
リュ「創られたヒーロー・・・上等じゃねえかよ。前に言ったよな、俺たちが信じた思いは幻なんかじゃない。自分の信じる正義のために戦うって」    
Capture20180710-161941-1    
リュ「今のお前の正義は美空を助けることじゃねえのか。なぁ」    
   
手をさしのべるリュウガ。    
かっこいい。    
Capture20180710-162433    
み「それでも、桐生セントはどんな困難にも打ち勝ってきたじゃん。愛と平和を胸に生きていける世界    
創るために、戦ってきたじゃん」    
セ「美空・・・」    
   
さっきは響かなかったみーたんの台詞が、ここに至って染みてくる。    
うまいなぁ。。。    
Capture20180710-162553-4    
立ち上がるセント。    
Capture20180710-162600-1    
セ「言っとくけど泣いてないからな」    
リュ「そういうことにしといてやるよ」    
   
粋なやりとりをしながら変身!    
Capture20180710-162819-4    
リュ「親父のほうは、俺がなんとかする。お前は、美空を助けろ!」    
セ「どうやって助ければ・・・」    
   
それで役割分担して、セントがみーたんを助けることに。    
Capture20180710-163259-3    
リュ「ダメだ・・・、やっぱり抑えが・・・!」    
忍「このままエボルトの遺伝子に支配されるのか!?」    
リュ「うるせえ・・・、壊してやる。何もかも壊してやる!」    
   
リュウガはやっぱりアイアンマンになって正気をなくしてしまう。    
「このまま支配されるのか!」とか忍さん叱咤っぽいこと言ってますが、さっきもセントに、「今のお前じゃエボルには勝てない!」とか言ってたし、なんだかんだで気にかけてる様子なのが気になる。    
Capture20180710-163651-3    
セ「美空・・・考えろ・・・、何かあるはずだ!」    
み「前は、ベルナージュの力で万丈を治せたのに・・・」    
   
セントはみーたんを戻す方法を必死で考えるうちに、さっきのリュウガを看病していたときのみーたんの台詞を思い出す。    
今日はみーたんの伏線が熱いな。    
Capture20180710-163849    
セ「これならもしかしたら」    
Capture20180710-163857-1    
セ「勝利の法則は決まった!」    
   
カラフルな謎演出で、みーたんを助ける道筋を考え出すセント。    
Capture20180710-164029-4    
そしてみーたんスマッシュに必殺のライダーキック。    
Capture20180710-164034-1    
リュウガの動きを見てタイミングを見計らって、    
Capture20180710-164037-3    
リュウガにみーたんスマッシュをぶっつける!    
すっごいワイルドな解決法だ。    
Capture20180710-164225-1    
セ「美空! 起きろ!」    
み「セント・・・、私・・・!」    
   
みーたん復活!    
Capture20180710-164314    
忍「彼女を助けるために、ベルナージュはおろか、万丈リュウガまで犠牲にするとはな。そのボトルをよこせ」    
セ「まだ勝負は終わってない」    
Capture20180710-164325-1    
リュ「熱ぃ!、熱っ、熱いんすけど! おい、セント、熱ぃんだよ!」    
忍「生きてたのか・・・!?」    
   
リュウガ生きてた。熱がるのも久しぶりだ。    
Capture20180710-164457-4    
セ「ベルナージュの力を万丈に移したんだよ。ベルナージュとエボルトの力は互いに干渉し合う関係にある。それを利用して万丈の遺伝子と中和させたんだ」    
忍「ジーニアスフォームだから成し得た技か・・・」    
   
なんだかわからんがとにかくよし!    
Capture20180710-165538-3    
忍「だが、このまま終わりにはさせない!」    
   
忍さんがライダーキックでせめるけど、二人が協力して弾き飛ばす。    
Capture20180710-165541-1    
さっきみーたんスマッシュから手にいれたロストボトルが金色に!    
これがステイタス・ゴールド!    
Capture20180710-165545    
光るボルトで思いっきりパンチ! 俺のこの手が・・・。    
Capture20180710-165715    
忍「お前もハザードレベル7に達したか・・・」    
   
やっぱり10くらいが最高値なんだろうかな。    
7で黄金ということは、8が神聖衣で9が神衣で10が裸だな。    
Capture20180710-165756-4    
セ「俺は決めた。科学者として、ビルドとして葛城忍を超えてみせる! そして、エボルトに勝つ!」    
   
セントもしっかり覚悟を決める。    
忍さんを倒すではなく越えるっていってるあたり、未だに信じる気持ちは変わって無さそうです。    
Capture20180710-170042-1    
忍「その思いが、どこまで通じるか・・・楽しみだ」    
   
フェニックスで退却する忍さん。    
あの便利な煙幕みたいのは使えないのか。    
Capture20180711-085025-4    
エ「初めて先生の読みが外れたなぁ。それとも、計算どおりか」    
忍「いや、想定外の結果だ。ハハッ・・・ビルドにしてやられたよ」    
   
エボルも忍さんを疑い始めた感じです。    
そろそろ殺されそうで怖い。    
Capture20180711-085357-5    
内「ネズミが迷い込んだようです」   
エ「まだまだ楽しませてくれそうだ。フッ・・・」    
   
ネズミというかカズミが入り込んできたところで終了。    
この二人最近仲いいな。    
   
それで次回。    
Capture20180711-085607    
忍「お前のせいで人類は滅びる!」    
   
忍さんとは来週決着つく様子。    
Capture20180711-085608-3   
カ「お前、ラブ&ピースのために命をかけられるか? 」    
   
ドッグタグを持って黄昏れるカズミ。    
最近やけに感情的な理由が明かされるかどうか。    
Capture20180711-085609    
例のイスに座る内海さん。氷の微笑みたいだな。    
二人改造されてるのは、やっぱりカズミとゲントクさんだろうか。    
みーたんといい、みんな勝手に行動して足引っ張ってるな・・・(笑)    
Capture20180711-085933    
エ「お前は俺が倒す・・・! 」    
   
でも二人ともしっかりライダーになってるし、ギリギリで救出されるのかな。    
エボルトの最後って、もう来週エボルやっつけてしまうのだろう。    
まだひと月以上残ってますが、もう一波乱何かあるんでしょうかね。   

« 快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #22「人生に恋はつきもの」 | トップページ | 美少女戦士セーラームーンSS 第33話 「大人になる夢! アマゾネスの当惑」 »

仮面ライダービルド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダービルド 第43話 「もう1人のビルド」:

» 今日の仮面ライダービルド 第43話 [地下室で手記]
「もう一人のビルド」 戦兎はビルドの変身を解いて父親の葛城忍が現れた事に動揺しまくり。 葛城忍は顔が変わっても動揺した時の癖は変わらないと戦兎に言うと、エボルトが葛城親子感動の再会と茶化すように話に割り込んできます。 戦兎はエボルトが現れ、ライダーシステムはエボルトを倒すために作られたのでは無かったのかと葛城忍に詰問。 エボルトは戦兎や万丈が仮面ライダーになったのは全...... [続きを読む]

« 快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #22「人生に恋はつきもの」 | トップページ | 美少女戦士セーラームーンSS 第33話 「大人になる夢! アマゾネスの当惑」 »