2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #29 「写真は記憶」 | トップページ | 美少女戦士セーラームーン セーラースターズ 第1話 「悪夢花を散らす時! 闇の女王復活」 »

2018年8月31日 (金)

仮面ライダービルド 第49話 「ビルドが創る明日」

こんばんは。 
ブログそろそろ移転すると言いつつ、ひと月が経ってしまった。   
とっくにサーバーのディスク容量限界に来てるんだけど、なんか普通に上げられちゃうんですよね。   
もうすでに容量限界120%の状態なんですが。波動砲かと。   
いつもならエラーが出るんだけどなぁ。。。   
それで、ライダーもセラムンもちょうどキリのいいところなので、もう次の更新から新しいところに移転してしまおうと思います。   
次はFC2ブログを使ってみようと思う。   
結構色んなブログ探してみたんだけど、ツールが使えなかったり容量少なかったり一長一短で、条件に合うのがFC2位しかなかった。   
ブログたくさんあるわりに、意外と選択肢がない・・・。   
FC2もまだ実際には使ってないから、ブログがどんな感じになるのかよくわからんけど、もし改悪されるようなことがあったら慣れて下さい(オイ   
   
ともかく今日は、仮面ライダービルドの感想ですっ!    
ついに最終回です。   
なんだかんだでいい終わり方でしたね。   
世界が作り替えられてみんな新しく生まれ変わるとか、セーラームーンを思い出してしまいましたが、まあそれはともかく(笑)   
一人孤独になったセントの所に、リュウガがやってくるあの展開とか、あの救われた感じほんとに良かったですねえ。   
セントが楽しそうにあらすじ読みながらフェードアウトしていく所とか、ちょっとうるっとてしまった。   
正直、新世界作って無理やり解決ってどうなんだろうとか思ってたけど、最後のあれが見られただけでも、なんかもうどうでもよくなってしまった。   
ほんといい終わり方だったのう。。。   
   
そんなビルド。    
vlcsnap-00017    
リュ「セント・・・ありがとな!」    
   
リュウガが割れ目に飛んで行ってしまったところから始まる最終回。    
エボルが途中で改心してリュウガを地上に落としてはくれなかった。    
vlcsnap-00019    
み「なんで万丈が・・・」    
   
みーたん放心。    
vlcsnap-00035    
セ「あいつを連れ戻す…」    
タ「君が行く必要はない。万丈龍我の言うとおり、エボルトの遺伝子を持つ彼が一緒に滅びるべきだ」    
   
セントが立ち上がったところで、タクミさんが横やりを入れてくる。    
タクミさんなかなか正論癖がぬけない。    
vlcsnap-00040    
セ「犠牲になるのは、俺だけで十分だ」    
タ「わからない男だな、君も愚かだよ」    
vlcsnap-00077    
タ「フッ・・・でも、世界を救えるのはそういう人間なんだろうな」    
   
ついにタクミさんも折れた。    
いいねえ。。。    
vlcsnap-00082    
服を掴むみーたん。    
vlcsnap-00091    
み「本当に、そんなこと、できるの?戻ってこられる保証はないんでしょ?」    
   
ここ最近のみーたん迫真過ぎてすごい。    
vlcsnap-00124    
み「・・・大丈夫だよね。私たちが創ったビルドなら」    
   
もはや行くなとはいわないみーたん。強い。    
vlcsnap-00156    
セ「待ってろ、万丈!」    
   
セントはラビラビを装備して飛んでいく。    
これって飛べたんだな。 しかも大気圏脱出までできる。    
vlcsnap-00181    
早速割れ目の中に到着。    
意外とまともな所だった。    
なんかどっかで見たことあるような気がするし…!    
vlcsnap-00183    
リュウガ発見!    
vlcsnap-00198    
けど、いきなり襲いかかってくる。 
vlcsnap-00210    
エ「残念だったな。万丈は俺が吸収した」    
セ「なんだと?」    
   
エボル普通に無事だった。    
リュウガを追いかけずにあのまま放置してたらやばかったな。    
というかエボルはセントが来ることを見越して、わざわざリュウガに化けて寝たふりしてたんだろうか。    
相変わらずお茶目な宇宙人だ。    
vlcsnap-00254    
エ「あとはお前の力さえ吸収できればエボルトリガーは復活する!そうすれば、俺は再び宇宙を超越した力を手に入れられる! 俺を倒さなきゃエネルギーは放出されない。2つの世界は消滅してお前の計画は水の泡だ!」    
セ「新世界は、必ず創る!」    
vlcsnap-00255    
エ「ジーニアスじゃないお前に何ができる?」    
   
セント返り討ち。    
vlcsnap-00274    
ボコられてあっさり変身も解けてしまう。    
ここって空気あるんだろうか。    
vlcsnap-00285    
エ「いい加減、気づいたらどうだ? 桐生セントは地球にとって存在すべき人間ではなかったということに!」    
セ「黙れ!」    
   
お気に入りのソウイチさんになるエボル。    
vlcsnap-00309    
エ「お前が全ての元凶なんだよ。お前がライダーシステムを創らなければ、仮面ライダーにならなければ、こんな悲劇は生まれなかったんだ!」    
   
おなじみの精神攻撃。    
vlcsnap-00318    
エ「お前は、俺に創られた偽りのヒーローだったんだよ!!」    
   
ソウイチさん今回熱いな。    
vlcsnap-00340    
エ「これで終わりだ、桐生セント――ああ・・・、体が動かない・・・! どうなってる!」    
   
ここにきてナマケルダさんの怠け癖が。    
vlcsnap-00362    
リュ「何やってんだよ、セント!」    
セ「万丈!?」    
リュ「エボルトは俺がなんとかする! お前は逃げろ!」    
   
セントがエボルの動きを封じていた。    
vlcsnap-00381    
リュ「なあ、セント。今、どんな顔してるか、わかるか? くしゃっとしてるんだよ、俺の顔」    
   
どこかで聞いたことのあるような台詞が…。   
vlcsnap-00430    
セ「誰かの力になれたら心の底から嬉しくなって、くしゃっとなるんだよ、俺の顔。マスクの下で見えねえけど」    
   
懐かしいな。この話すごい好きだった。    
vlcsnap-00441    
リュ「見返りを期待したら、それは正義とは言わねえぞ」      
   
この頃のリュウガ妙に若く見える。    
vlcsnap-00450    
リュ「一度しか言わねえぞ。誰が、なんと言おうと、お前は俺たちのヒーローだ。だから・・・生きてくれ」    
   
偽りで作られたヒーローも、リュウガ達の中では本物になっていた。熱い。。。    
しかしこれだとみーたん達まで死んだみたいに見えてしまう。    
vlcsnap-00476    
エ「ふざけるなぁーーっ!!」    
   
エボルがふんばると、何かが飛び出してくる。    
vlcsnap-00496    
リュ「最悪だ。お前のその顔、見たくなっちまったじゃねえか」    
   
セントは飛び出してきたボトルをつかみ取る。    
vlcsnap-00550    
セ「今助けてやるぞ万丈!」    
   
再びエボルに立ち向かう。    
vlcsnap-00589    
セ「エボルト。確かに、お前が俺を仮面ライダーにしたのかもしれない。でも、俺が、この力を正しいことに使ってこれたのは、かけがえのない仲間がいたからだ!」    
   
仲間への思いと共に、渾身の顔面パンチ!    
vlcsnap-00607    
セ「みんなが、桐生セントを・・・仮面ライダービルドを創ってくれたんだ!」    
   
産みの親より育ての親っ!    
vlcsnap-00634    
セ「愛と平和を胸にいきていける世界を創る。そのために、この力を使う!」    
vlcsnap-00636    
エ「破壊こそ力だ! お前の正義など、俺が壊してやる!」    
   
対極の思想をぶつけ合う二人。    
vlcsnap-00637    
ラビラビぼこぼこ。    
vlcsnap-00653    
エ「どちらが先に消滅するか、勝負だー!」    
   
タンタンになって反撃!    
vlcsnap-00684    
しかしタンタンもやられてしまう。    
vlcsnap-00721    
次は久しぶりの炭酸になって攻撃!    
素のハザードにはならないのか。    
vlcsnap-00727    
エボルも肩の部分がぶっ壊れる。    
消耗戦熱いなぁ。    
vlcsnap-00791    
炭酸意外とがんばる!    
vlcsnap-00810    
エ「ああ…」    
   
手の部分もぶっ壊れる。    
vlcsnap-00822    
炭酸善戦したけど、ぶん殴られて、敗北。    
vlcsnap-00839    
セ「ついに初期フォームか・・・。答えは出たようだな!」    
   
ついに素のビルドに…!    
あと一回負けたら高岩さんがでてきてしまう。    
vlcsnap-00868    
セ「どうかな」    
   
セントは剣を取り出して、自分とリュウガのボトルを差し込む。    
vlcsnap-00876    
セ「はあぁ!」    
エ「ハハハハハ! そんな攻撃が通用すると思ってるのか!」    
vlcsnap-00880    
セ「思ってるさ」    
   
かっけぇ。    
vlcsnap-00914    
上段からの幹竹割り!    
vlcsnap-00928    
セ「俺と万丈は・・・」    
vlcsnap-00956    
セ「最高のコンビなんだよ!」    
   
セント渾身の一撃ッ!    
vlcsnap-00977    
エ「くっ・・・!、あっ・・・! 何・・・? なぜ、また体が・・・!?」    
リュ「セント・・・バッキバキに目ぇ覚めたぞ!」    
   
セントの想いが通じて、リュウガがバッキバキに復活!    
vlcsnap-01007    
セ「さあ、実験を始めようか」    
   
久しぶりの数式と共に最後の実験開始。    
vlcsnap-01011    
「ラビッツ、ドラゴン!」    
   
最後がリュウガのボトルと組み合わせるってのが、熱い。    
vlcsnap-01048    
セント、リュウガ「勝利の法則は決まった!」    
   
なんか変な色のフォームに!    
一瞬ニンニンコミックになったのかと思ってしまった。    
公式サイトによると「トライアルフォーム(ラビットドラゴン)」というらしい。    
トライアルフォームってなんだ。    
vlcsnap-01084    
それで渾身のライダーキック!    
vlcsnap-01137    
セ「これで最後だ!」    
   
蹴ってるうちに初期フォームに戻っていく!    
この絵すんごいかっこいいな。    
vlcsnap-01171    
エ「この俺が滅びるだと! そんなことあってたまるか! 人間どもがぁー!」    
   
エボル爆発!    
vlcsnap-01182    
それに巻き込まれて宇宙までもが…!         
vlcsnap-01218    
ベ「エボルトが消滅した――これで、役目は終わった」    
   
今さら出てくるベルナーシュさん。    
全然出てこなかったけど、消滅してたわけじゃなかったのね。    
今さら気づいたんだけど、ベルナーシュさんの声ってみーたんが声色変えてるんじゃなくて、雨宮天さんがやってたんですね。    
最終回まで勘違いしていた。 
vlcsnap-01227    
ついに腕輪も外れる。    
しかし役目っていうけど、最近何もやってなかった気がするが…。    
むしろ暴走して足引っ張っ(ry    
vlcsnap-01250    
セ「万丈ーっ!!」    
   
エボルは消滅したけど、セントはまだがんばっている。    
vlcsnap-01256    
サ「2つの世界が融合する・・・!」    
み「セント・・・、万丈・・・」    
   
見守る二人。    
活躍の場がない。    
vlcsnap-01277    
スカイウォールからは数式が飛び出してOPみたいなことに。    
これイメージじゃなくて、コエカタマリンみたいにほんとに数式が飛び出してるんですよね。    
vlcsnap-01304    
そして合体…!    
vlcsnap-01333    
うさぎさんかわいい。    
vlcsnap-01352    
セ「なんだこれ」    
   
新商品だ。    
vlcsnap-01364    
セ「スカイウォールが、ない」    
   
たたずむセント。    
ここってうさぎさんが住んでるような場所だったのか。    
vlcsnap-01368    
町もすっかり平穏無事な感じに。    
vlcsnap-01380    
泰「今日から新しい内閣が発足しました。新たに、厚生大臣に多治見喜子氏を、外務大臣に御堂正邦氏を登用し・・・」    
   
泰山さんも復活している。    
喜子さんは厚生大臣になるのか。    
vlcsnap-01402    
タ「あの時君が導き出した結論は、正しかったようだ」    
セ「もしかしたら、父さんは・・・全てを元に戻そうとしたのかもしれない」    
タ「元に? 父さんの研究データにそんな記載はなかった」    
セ「それは、必要なアイテムが、そろわなかったからだ」    
vlcsnap-01433    
タ「ジーニアスボトルか」    
セ「ジーニアスボトルは、元々パンドラパネルから創られたものだ。白と黒のパネルとジーニアスのエネルギーを使えば物理法則を超えた救済ができるのかもしれない」    
タ「物理法則を超えた救済・・・」    
セ「2つの世界を融合させることでスカイウォールが存在しなければ実現したであろう現在へと人々を移す・・・それが、父さんの創ろうとした本当の新世界・・・」    
   
物理法則を超えた現象の先を見通す忍さんの先見の明。    
あのひと何者なんだ(笑)    
しかし物理法則を超えた裏技で解決って、どうも地球を逆回転させて時間を戻したスーパーマンを思い出してしまう。    
vlcsnap-01452    
タ「父さんの夢見た世界が・・・実現したんだね」    
タ「でも、新世界の人間は別の10年を送っていたことになる。君が知っている彼らじゃない」    
   
みんな記憶を無くしてこの10年はなかったことになっている様子。    
vlcsnap-01472    
泰「このあとの予定は?」    
ゲ「国会のあと、19時から御堂務大臣と会食があります」    
   
ゲントクさんが有能っぽくなってる!    
vlcsnap-01497    
サ「氷室さん、中央政経ジャーナルの滝川です」    
   
サワさんも普通に記者やっとる。    
vlcsnap-01508    
ゲ「秘書の氷室です。夕方まで執務室で話しましょうか」    
サ「はい」    
   
ホテルに誘わない!?    
とりあえず服のセンスもどうなったか知りたい。   
vlcsnap-01511    
一方、難波機械製作所。    
町工場になった様子。   
vlcsnap-01532    
内「これじゃあだめだ」    
   
内海さんも復活して工員になっている。    
vlcsnap-01538    
内「作り直しだー」    
vlcsnap-01548    
内「いって…」    
   
なんか変な持ちネタができてるな(笑)    
vlcsnap-01556    
カ「おい、ホントに俺の花嫁候補がいるんだろうな?」    
   
一方カズミも仲良く復活している。    
東北の農家から花嫁候補探しにここまで来たんだろうか。 
vlcsnap-01557    
赤「マジでアイドル級のかわいさですから」    
vlcsnap-01564    
青「カシラ、絶対に惚れるな」    
vlcsnap-01565    
黄「確実に一目惚れでしょ!」    
カ「俺はな、お前らみてえにそう簡単に惚れたりしねえんだ・・・」    
   
オールアップしても何度でも復活する三羽ガラス。    
vlcsnap-01583    
み「いらっしゃいませ!」    
   
そこにみーたんが。    
vlcsnap-01598    
カ「か、かわいいー!」    
   
心火を燃やすカズミ。    
vlcsnap-01612    
赤青「帰ろう」    
   
燃え尽きた(笑)   
カズミがここに来て初めてみーたんを知ったって事は、みーたんはもうネットアイドルはしてないのかな?   
単にカズミが同一人物と気づいてないだけかも知れないが。   
vlcsnap-01619    
タ「本来なら、桐生セントは新世界に存在しない。例え、創造主として生き残ったとしても、君を知る者は誰もいないだろう。そろそろ、お別れだ。楽しかったよ」    
   
タクミさんとも別れの時が。    
vlcsnap-01627    
タクミさん完全消滅。   
なんだかんだでいいやつだった・・・。    
忍さんの方はどうなったんだろうな。    
vlcsnap-01637    
リュ「めっちゃ涼しいよ、ハハハ・・・」    
セ「万丈! 無事だったのか!」    
   
そこに黒い髪のリュウガが…!    
vlcsnap-01650    
リュ「あんた・・・、誰だ?」    
彼女「格闘技の関係者じゃない?」    
リュ「ああ・・・、俺のファン? 握手でいい?」    
   
リュウガもすっかり記憶なくなっている。    
vlcsnap-01695    
セ「生きててくれるだけで十分だ」    
   
去って行くセント。    
さびしい。。。    
vlcsnap-01749    
リュ「なんだあいつ…。アイス行こうアイス。腹減った~」    
   
腹減ったからアイスって、お前はペコリンかと。    
vlcsnap-01740    
セ「コーヒーを1つ」    
み「かしこまりました。あの・・・、どこかでお会いしたことあります?」    
   
それでソウイチさんのカフェにいってみると、みーたんが不審な目でセントを見てくる。    
vlcsnap-01764    
セ「えっ?」    
み「絶対ありますよね? どこだっけな・・・?」    
   
セント驚愕。もしや…!    
vlcsnap-01786    
ソ「あっ、佐藤太郎だ!」    
み「えっ?」    
   
まさかの佐藤太郎!    
vlcsnap-01797    
ソ「俺、ファンなんだよお!」    
み「ああ・・・!」    
   
佐藤太郎、復活してうれっこになっていた!?    
もう佐藤太郎が復活しただけでも、二つの世界を融合させた価値はあったな。    
いやぁ、よかった。    
vlcsnap-01808    
ソ「あっ、その前に! 俺のコーヒー、飲んでよ!」    
セ「えっ、おいしい!」    
ソ「でしょ! 味にこだわってるから。豆から栽培してね・・・」    
   
ソウイチさんのコーヒーも美味しい! この世界狂ってる!    
vlcsnap-01836    
ソ「知ってるか? 夜は焼き肉っしょ!」    
み「知ってる! こうなるんだよ」    
ソ「生で見れるかも、やった!」    
   
焼き肉ネタまで流行ってる!?    
というかソウイチさん、エボルの時と性格同じなんだが(笑)   
エボルがソウイチさんの体を気に入ってたのは、性格が自分に似てたからだったりして。    
vlcsnap-01844    
セ「今度はおれしか記憶がないのか…」    
男「セント!」    
   
外に出て一人で黄昏れていると、謎の声が。    
vlcsnap-01864    
セ「万丈!」    
   
リュウガもまさかの復活。    
vlcsnap-01876    
リュ「どうなってんだよ、この世界。誰も、俺のこと知らねえし。黒い髪の俺が香澄と付き合っててよ・・・」    
   
世界が変わってNTRルートに分岐してた。    
彼女の死亡ルートかNTRルートの二択しかない、リュウガの無情な選択肢。   
vlcsnap-01912    
セ「そうか! エボルトの遺伝子を持つ、お前もこの世界に存在しちゃいけない人間ってわけか・・・」    
リュ「会って早々、失礼なやつだな」    
   
冷静な突っ込み。    
vlcsnap-01914    
セ「最高だ!」    
   
ようやくセントも救われた。    
vlcsnap-01920    
セ「そういえば、ズボンのチャック、全開だぞ」    
vlcsnap-01924    
リュ「マジか!」    
セ「いつから!?」    
リュ「エボルトと戦う前から」    
   
すごい長期間(笑)    
vlcsnap-01964    
リュ「そんな前から!? なんで言ってくんねえんだよ!」    
セ「どのタイミングで言うんだよ。自分で気づけ、バカ」    
リュ「バカって、なんだよ! せめて「筋肉」付けろよ!    
セ「揺らすな、お前・・・! バカか、お前!、危ないだろ、お前!」    
リュ「「筋肉」付けろ!」    
   
なんかこういうやりとりも懐かしいのう。    
vlcsnap-01988    
リュ「ん? なんだよ、これ」    
セ「俺たちの記憶を49のエピソードに分けて、データ化するんだよ」    
   
最後に台本を手渡すセント。    
vlcsnap-02028    
セ「さて、当時を振り返って・・・。天才物理学者、桐生セントがいる東都の街で、スマッシュと呼ばれる謎の怪人が市民を脅かしていた。そこに現れたのが我らがヒーロー、仮面ライダー」    
リュ「自分で、天才とかヒーローとか、イタイんだよ。ただの記憶喪失のオッサンだろ」    
セ「うるさいよ!」    
リュ「そういうこいつは、刑務所を脱走した殺人犯の万丈リュウガ」    
セ「俺は、殺しも脱走もしてねえ!」    
リュ「そう言って、わんわん泣いてすがるもんだから、心優しい俺は、なんと、東都政府を敵に回してこいつと逃げてしまったのでありました――」    
   
最後にあらすじの収録を初めて終了。    
ああ、なんかすごくいい終わり方。。。    
あのおもしろあらすじは、全部終わった後に振り返るって形になってたのね。    
あらすじに参加してた他の人達も、記憶戻って徐々に集まってくるって事なんだろうか。だとしたら熱いなぁ。。。    
これだと消滅したベルナーシュさんやタクミさんが参加してなかったのも、理屈が通るし。    
まあ、スタークさんが参加してたのはどうなんだってことになるけど、細かいことは気にしない。   
 
それで次回作。   
Capture20180830-231137-1   
主役「俺には王様になりたいっていう夢がある」   
   
主人公は王様になりたいのか。   
お姫様になりたいプリキュアならいたが。   
Capture20180830-231428-1   
女「あなたにとてつもない力を与える」   
   
また始まりの女みたいな人が・・・!   
ロングヘアで貫禄あるし、かっこいいな。   
Capture20180830-231620   
男「ジオウの力は史上最強。過去も未来も望みのまま」    
   
またイケメンが。   
Capture20180830-232200-2   
早速セント達が出とる。   
今回からそのまま続く感じなんだろうか。   
ツナ義ーズの服着ててすごい楽しみなんだけど(笑)   
Capture20180830-231830   
男「時間を越えて、歴史を変える」 
   
初回から色んな人が出てくるな。   
Capture20180830-231923   
女「時空転移システム、起動!」    
   
始まりの女みたいなファンタジーな人かと思ったら、めちゃくちゃSF(笑)   
Capture20180830-232149-3   
主役「最高最善の魔王になってみせる! 変身!」   
   
後ろに時計が出ていて変身かっこいいな。   
構えは初代みたいだな。   
Capture20180830-231933-1   
相変わらず顔があれだけど、楽しみですな。   
   
ともかくそんなわけで終わってしまった。   
色々突っ込みどころは多い作品だったと思うけど、なんだかんだで熱くていい物語だったと思う。   
セントとリュウガがお互いを認め合いつつ戦っていく感じは、バディものとしてとてもよく出来ていた。   
上でも書いたけど、最後に一緒に終わるところも良かったですしね。   
セントとか一見冷めてように見えるけど、要所要所で熱い思いを見せるセントのキャラも良かったし。   
リュウガやカズミが仲間のために必死に命張るところは、うるっとさせられることもあった。   
ゲントクさんもいろいろ紆余曲折あったけど、最後はすごい熱い締め方をしていてよかったし、なんかもうみんな熱かった。

 

記憶失ったり、えん罪に巻き込まれたり、戦争が始まったりと話自体は結構重かったけど、あらすじのやりとりとか、カズミのコントとか、ゲントクさんの狂った服装とか、みんな笑顔を絶やさずにバカなことをやっているあの雰囲気も好きでした。   
どんなに辛い状況に陥ったとしても、そこに楽しいこともあれば、笑いも起こることもあるという、前向きなメッセージも含まれてるんじゃないかなあと思わずにはいられない。   
辛いときに笑いを届けられる人は、ほんとにヒーローだと思います。

 

セントやタクミさんの正体を探っていく序盤に、戦争を強いられる中盤、エボルががんばる終盤戦など、話も色々と変化していきましたが。   
やっぱり序盤のミステリアスな展開は、とてもよく出来ていたと思う。   
スタークさんの正体はタクミさんだと思ったこともありましたし、先のまったく読めない展開は毎週感心させられた。   
ずっとあの調子が続くのかと思ったら、最初の頃だけだったのはちょっと残念だったけど(笑)

 

まあ不満点もありますが、とりあえず気になったのは、悪役の大人達がワンパターンすぎたことかな。   
喜子さんも御堂さんも難波さんも、みんなエボルにだまされて、裏切られるってパターンでしたからね。   
さすがに同じパターンを三回繰り返すのはどうかと思うんだ(笑)   
最初の喜子さんはともかく、御堂さんと難波さんは何かやってくれるんじゃないかと期待したんですけどねえ。。。

 

それと、みーたんのアイドル設定はもうちょっと活用して欲しかったです。   
カズミのコントは面白かったし、「推しにみとられて」の展開は熱かったけど、みーたん自身はほとんどアイドルカツドウしていなかったですからね。   
アイカツしたのは情報収集だの資金集めのためだのばかりで、なんだかずいぶん打算的だったし、みーたんほんとにアイドルやりたかったの? とちょっと邪推したくなってしまう。   
「絶対に会えないアイドル」ってのを伏線にして、終盤になって初めて外でコンサートとかして、不安に怯える住人を元気づけるみたいな展開があったら、結構感動したと思うんだけどな。

 

あと最後にもう一つ、去年も同じ事言ったけど、やっぱりラスボスが一人でがんばりすぎですね。   
終盤の数ヶ月間、ほとんどエボル一人でひっぱていて、去年とまったく同じ轍を踏んでしまった気がします。   
とにかくライダーのスーツばかり作って、敵が少なすぎるんですよね。   
逆にライダーはバリエーション多すぎて、新しいの出ても速攻でかませと化すし、なんにもいいことがない。

 

オモチャの販促の都合上仕方ないんだろうけど、これってほんとどうにかならないのかな。   
主役ライダーにオモチャを集中させずに、もっと仲間とか敵側にもバランス良く作ればいいと思うんだけど、やっぱり敵キャラとかは売れないんだろうか。   
シャドームーンみたいなかっこいい敵キャラが出たらみんな買うと思うんだが・・・!   
まあ、大金が動くからいろいろ保守的になってしまうんだろうけど、その割には、顔に「ライダー」とか文字入れたり、デザインはものすごい冒険するんだよなぁ・・・(笑)

 

まあ、ともかく色々突っ込みどころもあったけど、いい作品だった。   
一年間ありがとうございました!   

« 快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #29 「写真は記憶」 | トップページ | 美少女戦士セーラームーン セーラースターズ 第1話 「悪夢花を散らす時! 闇の女王復活」 »

仮面ライダービルド」カテゴリの記事

コメント

フォームチェンジもそうだけど、ボトルもちょっと異常ですよね
マニアックの人でも買い揃えれないとか言ってる人見かけましたしね
一人の敵と戦うのはプロデューサーの大森さんの好みとかあるのかもしれませんね
このかたエグゼイドもやってましたし

ジオウは多分2話完結方式に戻るのかなと
https://twitter.com/livedoornews/status/1034966442125320193
1、2はビルド、3, 4はエグゼイドでそのつぎが555と発表されてますし
意味深ツイートしてる昔の出演者さんがちらほらいるみたいなので期待してる人おおいみたいですね
私としては要潤さんとか、佐藤健さんとかの今人気ある人がでないかなーと

ボトルすごい数ありましたよね。
多すぎて把握出来ないし、途中から完全に覚えること放棄してました(笑)
あれ全部買った人っているんですかね。。。

ラスボス一人でがんばるのは、プロデューサーの好みなんですかねえ。
いくら好きでも二年連続は控えて欲しいです(笑)

そういえば以前は2話分割方式でしたね。
一つのシリーズに2話くらい割いてくれると、掘り下げも深くなりそうですね。
結構売れっ子になってるライダー役者も多いから、出てくれたら嬉しいですよね。
オダギリジョーさんとか出たりするんですかねえ。
当時ライダー見てなかったけど、要潤さんは私も見てみたいなぁ。。。

「え、今度はMOTHER3のエンディング…!?ていうかこれってランボーシリーズの最初っぽいでしょ…!?」
2019年初にリリースされるOVAは「スカイウォールと三國志を知ってる元軍人2人」が「そもそもスカイウォールなど最初からなかった平和すぎる新世界」を冒険する物語になるらしいのです。
その平和を脅かす存在とは、何者か…!?

「ライダービルドさん、飛び乗り族各位にどんだけ優しいの…!?」
公式が物理学に真っ向から真面目にぶつかり続けた結果、自然と優しくなれたんだ、というのが公式側の見解だそうです。

「ゴジラVS唐沢寿明、懐かしいなぁ…。もちろん中の人を指して言ってます。」
24時間テレビドラマのラストで、初代仮面ライダーの制作現場を、原作者が家族同伴で社会科見学するシーンがありました。

OVAずいぶん先ですね。スカイウォール知ってるって、面白そうですねえ。
24時間テレビのドラマにライダー製作現場出てたんですか。
テレ朝じゃなくてもライダーネタやるんですね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダービルド 第49話 「ビルドが創る明日」:

» 今日の仮面ライダービルド 最終話 [地下室で手記]
「ビルドが創る明日」 光の隙間にエボルトを道連れにとエボルトの遺伝子を持つ万丈が飛び込む。 美空は何で万丈がと唖然となり、戦兎は万丈を連れ戻すと何とか立ち上がると、脳内の葛城巧は戦兎を止めます。 エボルトの遺伝子を持つ万丈が一緒に滅びるべき、光の裂け目にエボルトのエネルギーが吸収されれば2つの地球は融合して新世界が出来ると。 戦兎は犠牲になるのは自分だけで十分だと答え...... [続きを読む]

» 仮面ライダービルド 最終話(第49話)「ビルドが創る明日」 [Happy☆Lucky]
最終話(第49話)「ビルドが創る明日」 JUGEMテーマ:エンターテイメント [続きを読む]

« 快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #29 「写真は記憶」 | トップページ | 美少女戦士セーラームーン セーラースターズ 第1話 「悪夢花を散らす時! 闇の女王復活」 »